ツインドリル工法紹介


確かな開発力で施工技術を革新する


建設技術審査証明事業(下水道技術)第1729号
この製品は、(財)下水道新技術推進校で「建設技術審査証明事業(下水道技術)実施要項」に基づき審査証明・認定されたものです。

NETIS登録No.:KT-090062
登録日:平成21年12月25日

下水管渠のリニューアル時代を迎えて

  • 現在下水道整備の進んだ大都市の下水道機能をどのようにして維持、向上させていくかが大きな課題となっています。
    下水道マンホール内のステップは、硫化水素などにより年々金属腐食が進み、安全性の面から、ステップ(足掛金具)の取替えが早急に望まれていました。
  • この問題を「安全の確保」と「作業効率の向上」という一貫したテーマのもとに全く新しい形で解決したステップリプレイスメント施工技術が「ツインドリル工法」です。
  • 優れた下水管渠を次世代に引き継いでいくために、ツインドリル工法協会はマンホール施工技術の革新を推進しています。

ツインドリル工法®

  • 従来のステップリプレイスメント技術を根本から見直し、安全性確保をテーマに研究開発された当協会独自の工法です。
  • マンホールという、危険を伴う作業環境において抜群の機動性を発揮しマンホール内の、削孔時における粉塵も殆ど無く健康面からも安心して作業に取り組めます。
  • 小型で軽量設計は一人による作業を可能とし、その上操作も簡単なため作業効率もアップして工期短縮に大きく寄与します。

ツインドリル工法

狭い斜壁部も容易にツインドリルをセッティングが出来、直壁部と変わらぬ合理的な作業性を維持します。

安全・高速・高精度

ツインドリルはマンホール内壁に完全に固定され、作業者が手持ちすることなく、安全で楽々、削孔作業が行えます。

リプレイスメント用ステップ

実績を誇るステップです。 更にリプレイスメント専用に開発され、高い技術力に保証されています。

ツインロック含浸接着

樹脂系接着剤(ツインロック)は止水スリーブの孔を通してコンクリートとステップ鉄部をしっかり固定します。
電源
電源
AC100Vまたは携帯発電機
電源 AC100V
または携帯発電機
止水スリーブ
止水スリーブ
ドリル冷却用給水タンク
ドリル冷却用給水タンク
ドリル冷却用
給水タンク

この違いが技術力の証です。

危険性を伴うマンホール内の作業に要求されるのは、安全・スピード・正確さです。
この要求に従来の工具・工法では十分に対応することが困難でした。
しかし、この問題を永年の経験と確かな研究開発によって解決したのがツインドリル工法です。
作業手順はいたって簡単で、誰が作業しても精度の高い仕上がりをご提供できます。

改善項目
従来工法
(ハンマードリル)
ツインドリル工法
安全性
衝撃によるショックや振られる危険、又粉塵が飛び健康面からも問題がありました。
ドリルを直接手に持ちません。
安全で安定した削孔が進められます。
作業スピ
20分〜30分×2
(5cmの深さの例)
5
(2ヶ所同時に削孔)
ドリル重量
8kg

20kg
削孔に要する作業人員
重いドリルをささえながらの削孔は作業員の負担が過大です。補助作業員の協力も必要です。

ツインドリルユニットはマンホール内壁に固定しますから、ラチェット操作だけでドリルビットをゆっくり前進させます。
作業の熟練度
手持ちのハンマードリルは烈しい振動で、操作は大変困難を極めます。


マンホール内壁にしっかり固定すれば、誰にでも完全な削孔が可能です。
作業の正確さ仕上げ度
木端欠けがあり穴の大きさや位置も不正確でした。


ドリルが固定されているので手ブレがなく左右の穴の精度と仕上がりは抜群です。

作業手順


旧ステップをカット

腐食の進んだステップをカットして取り除く。新規ステップ取付け面のコンクリート壁面を綺麗に汚れを取り除いてください。

ツインドリル固定

穴位置を確認して、ラチェットでツインドリルをゆっくり前進させます。



ドリルで穴開け

ステップ取付位置にガイド部をあて、水平器を見ながら拡張ハンドルを回し、後部固定板をマンホール内壁部に圧着します。

止水スリーブを埋め込む


木製ハンマーを使って止水スリーブのフランジがコンクリートに密着するまで軽く打ち込みます。

ツインロック含浸接着


樹脂系接着剤(ツインロック)はコンクリートとステップ鉄部をしっかり固定します。

含浸スポンジを挿入


挿入棒を用いて含浸スポンジを止水スリーブに挿入します。

ステップを挿入して取付け


ステップのエアー抜き溝を上向きにして木製ハンマーで両端を均等に打ち込みます。

仕上げ


化粧キャップを止水スリーブに密着するまで押しつけます。以上で完了です。

精度・スピード・安全を誇るツインドリル工法

ステップ取付穴を左右同時に開けることのメリットは多大です。精度とスピードは施工技術で最も期待されるものです。
さらに止水スリーブの新開発と、ツインロック含浸接着の進歩により、
マンホールステップの完成度は新設マンホールのレベルに到達しました。
NN-TD31
マンホール設置機能付
ツインドリル
ステップ取付位置ガイド
ステップ
取付位置ガイド
拡張アーム(オプション)(2号、3号用)
拡張アーム(オプション)
(2号、3号用)
拡張アーム
(オプション)
スリング
スリング
水平器
水平器
ドリル2機同時スイッチ
ドリル2機同時スイッチ
ドリル2機
同時スイッチ
拡張ジョイント(オプション)
拡張ジョイント
(オプション)
拡張ジョイント
(オプション)
電   源
AC100V 50/60Hz
モーター
単相直巻整流子モーター
(2台)
定格電流
12A
消費電力
1140W
無負荷回転数
1400rpm
拡張ストローク
370mm
重   量
20kg(ドリルを含む)
コード
キャプタイヤコード
(アースクリップ付き)
3芯2.5m

スムーズな切削のダイヤモンドビット

ツインドリル工法に大きく関わるドリルは、より安全・小型・軽量に設計されています。
特殊ドリル刃〈ダイヤモンドビット〉はコンクリートを容易に削孔し、従来の危険を伴う作業から完全に解放されました。
その上切削時における粉塵も殆どありません。一人による作業も可能にし、安全性の高いツールといえます。

MK-DP33WP
塩ビ・ポリエチレン用
MK-DP33W
ツインドリル専用
ダイヤモンドビット
(注):ダイヤモンドビットはコンクリート内にある鉄を切ることは出来ますが、露出した鉄板及び鉄筋のみを切ることはできません。

リプレイスメント専用ステップ&パーツ


リプレイスメント用ステップ

ワイドステップRS-30 300mm/W
ワイドステップRS-30
300mm/W
芯材質 SWCH-12R
SUS-304
SUS-403
トップステップRS-T30 300mm/W(斜壁用/上部)
トップステップRS-T30
300mm/W(斜壁用/上部)
芯材質 SWCH-12R
SUS-304
SUS-403
ワイドステップRS-40L 400mm/W
ワイドステップRS-40L
400mm/W(現場打ち・BOX用)
芯材質 SWCH-12R
SUS-304
SUS-403
ワイドステップRS-40 400mm/W
ワイドステップRS-40
400mm/W
芯材質 SWCH-12R
SUS-304
SUS-403
化粧キャップ
化粧キャップRS-KC
化粧キャップRS-KC
止水スリーブ・含浸スポンジ
止水スリーブRS-SVS(PP製)
止水スリーブRS-SVS(PP製)
含浸スポンジRS-SPS
含浸スポンジRS-SPS

ツインドリルの設置

マンホール直壁部はもちろん斜壁部(片斜、両斜)にも合理的なセッティングを容易にします

●斜壁設置図

●斜壁設置図

●直壁設置図(組立マンホール)

●直壁設置図(組立マンホール)

●狭小型・超深型作業例(JIS型)

●狭小型・超深型作業例(JIS型)
ツインドリル使用上の注意
  • ご使用の場合は必ず感電防止の対策を!
    漏電しゃ断機を設置してご使用ください。
    作業する場合は、ゴム手袋・ゴム長靴を着用するとさらに安全です。
  • モートル内部に水が入らないように!
    モートル内部に水が入りますと絶縁性能が低下し、感電・焼損の原因となります。
    作業する場合には、モートル内部に水が入らないようにご注意ください。
  • 切削の際には必ず注水を!
    ダイヤモンドビットは加熱しますと寿命が短くなりますので必ず注水装置から注水してお使いください。
    また、一度使用した水は使用しないでください。
  • ダイヤモンドビット以外の工具は使用しない!
    コアドリルMK-SD21はダイヤモンドビット専用に作られております。
    ダイヤモンドビット以外の工具を付けて使用しないでください。
  • 無理に力を加えない!
    無理に力を加えますとモートルが加熱して、切削能力が低下します。
    また、寿命も短くなります。

カタログPDFダウンロード

こちらよりPDF版のカタログをダウンロード出来ます。
PDFイメージ

ツインドリル工法カタログ


PDF(2.8MB)
当協会のカタログはアドビシステムズ株式会社のAdobe Readerを使用しています。
会報を閲覧していただくために、最新の「Adobe Reader」(無償)をご用意されることをお勧めいたします。
TOP │ 協会概要 │ 工法紹介 │ 会員紹介 │ 施工実績 │ 会 報 │ ビデオ